赤ら顔とビタミン

赤ら顔の改善方法の一つにビタミンがあります。

ビタミンは低分子の為、体内に取り込まれ、ポリフェノールと同じように活性酸素を除去する働きを持ちます。

このようにビタミンが体に良いことは確かなのですが、赤ら顔を改善しようとサプリメントを過剰摂取しては意味がありません。

サプリメントやビタミン化粧水を、赤ら顔改善の為に大量に顔に摂取したり付けたりしてはいないでしょうか。

過ぎたるは及ばざるがごとしという諺の様に、ビタミンの過剰摂取は意味がありません。

確かにビタミンは活性酸素を除去するのですが、過剰摂取分はどうなると思いますか。

尿で排出されるだけではありません。

ビタミンの一部は活性酸素を除去して、その大半は尿で排出されます。

これに重ねて過剰摂取をすると、大量に増えたビタミンは異物とみなされてしまい、活性酸素が大量発生してしまうのです。

体内物質で大量(過剰)摂取しても活性酸素が発生しないで済むのはSODぐらいです。

ビタミンやポリフェノールなどの外部摂取は用法や用量を守りましょう。

赤ら顔対策のみを考え大量摂取をしてしまうと、赤ら顔が更に悪化してしまうかもしれません。