赤ら顔と毛細血管

赤ら顔の原因は一つではなくいくつかあると言われています。

原因の中で一番多いのが毛細血管の拡張です。

例えば、怒ったり恥ずかしがったり、お酒を飲んだり息を止めたりなどして見られる一般的な火照りというものは、毛細血管が拡張したことによって赤く見えています。

その中でも、皮膚が薄い人や色白(=肌が白い人)は毛細血管の拡張が目立つ為に赤ら顔に見えてしまいます。

色黒な人に赤ら顔の人をあまり見かけないのはそういった理由があるのです。

そして赤ら顔の人ですが、これは一時的な毛細血管の拡張ではなくて、常に毛細血管が拡張してしまっている、というワケです。

それにしても、何故毛細血管が常に拡張してしまっているのでしょうか。

この問いに対しても、理由はいくつか挙げられる為、以下に紹介していきます。

1,活性酸素・2, 接触による刺激・3,ステロイドなどの薬害などです。

上記に説明した通り、赤ら顔の原因の一つは毛細血管の拡張です。

赤ら顔の原因はこれだけではない為、発症した場合には様々な理由を想定しておかなければなりません。

赤ら顔と化粧水

スキンケアは、赤ら顔の人程キチンとする必要があるのですが、これが出来ていない人が多々います。

皆さんはきっちりスキンケアをしているでしょうか。

朝起きたら顔がつっぱってしまっている人は少なくないでしょう。

そんな状態では、スキンケアをしていても赤ら顔が改善することはありません。

朝起きたら赤ら顔が少し治まっている、そうでない場合は赤ら顔とずっと一緒でなければなりません。

皆さんは、スキンケアに使うローションや石鹸などの成分を見たことがあるでしょうか?

例え使う石鹸成分の毒性があったからと言って、ダメなものと決め付けてはいないのです。

際毒性はかなり弱いかもしれませんしね。

その中でも一番安心できるのは、ビタミンやポリフェノール・SODなどで毒性を相殺する効果です。

このビタミン・ポリフェノール・SODなどが効果的で良いことはわかりますよね。

もしも仕様を考えているのであれば、出来るだけ天然成分であるものが望ましいですね。

赤ら顔とビタミン

赤ら顔の改善方法の一つにビタミンがあります。

ビタミンは低分子の為、体内に取り込まれ、ポリフェノールと同じように活性酸素を除去する働きを持ちます。

このようにビタミンが体に良いことは確かなのですが、赤ら顔を改善しようとサプリメントを過剰摂取しては意味がありません。

サプリメントやビタミン化粧水を、赤ら顔改善の為に大量に顔に摂取したり付けたりしてはいないでしょうか。

過ぎたるは及ばざるがごとしという諺の様に、ビタミンの過剰摂取は意味がありません。

確かにビタミンは活性酸素を除去するのですが、過剰摂取分はどうなると思いますか。

尿で排出されるだけではありません。

ビタミンの一部は活性酸素を除去して、その大半は尿で排出されます。

これに重ねて過剰摂取をすると、大量に増えたビタミンは異物とみなされてしまい、活性酸素が大量発生してしまうのです。

体内物質で大量(過剰)摂取しても活性酸素が発生しないで済むのはSODぐらいです。

ビタミンやポリフェノールなどの外部摂取は用法や用量を守りましょう。

赤ら顔対策のみを考え大量摂取をしてしまうと、赤ら顔が更に悪化してしまうかもしれません。

赤ら顔とは何だろう

赤ら顔を御存じでしょうか。

赤ら顔とは文字通り、顔が赤くなる症状のことを言います。

一口に赤ら顔と言っても、顔の皮膚が赤い部分は個人によって違っており、全体が赤い人、鼻が赤い人、頬が赤い人、Tゾーンが赤い人など多岐に亘ります。

多くの人がお酒を飲んだ時には顔が赤くなってしまうのではないでしょうか。

その他にも、恥ずかしい時や怒った時、興奮している時や息を止めている時など、顔が赤くなるケースは様々です。

上記のようなケースで顔が赤くなるのは普通ですが、その赤い状態が平常時でも起こっているのが赤ら顔です。

また赤あざと言って、赤ら顔と症状がとても似ているけれども違う症状もあります。

赤あざは血管腫と呼ばれており、分類としては血管の病気になります。

したがって治療が必要になる場合もあります。

この赤あざとは違い、赤ら顔は病気ではなく症状です。

赤くなる部分が違うように赤ら顔の原因は人それぞれで違うことがある為、赤ら顔の原因は色々と広く考える必要があります。

赤ら顔の元は炎症?

赤ら顔の原因とは一体何でしょうか。

その主な原因には、皮膚の炎症があります。

傷や吹き出物、皮膚炎などによって皮膚の炎症は起こります。

皮膚が炎症するとその部分は赤くなりますが、炎症によって赤ら顔に見えるというわけなのです。

皮膚の炎症の原因としては、薬害や化学物質の反応、アレルギー反応などがあります。

肌に合わない洗顔フォームや化粧品、ステロイドやプロトピックなどといった薬の副作用だったり、皮膚炎に含まれるアレルギー(金属・食物・アレルゲン各種など)だったり、かなり多くなります。

炎症による赤ら顔であれば治療は炎症の元を治してしまえばOKです。

炎症の原因を調べて改善すれば、炎症が治まるにつれて赤ら顔も良くなるということです。

赤ら顔の人は、自分が化粧品や保湿剤、クレンジングの原材料がどんなものなのか把握しているでしょうか。

もしくは、アトピーで処方されたステロイドやプロトピック等の正しい使い方を知っているでしょうか。

赤ら顔の原因が炎症であれば、肌の管理を自分でも心掛けることでだいぶ改善されるでしょう。