赤ら顔とは何だろう

赤ら顔を御存じでしょうか。

赤ら顔とは文字通り、顔が赤くなる症状のことを言います。

一口に赤ら顔と言っても、顔の皮膚が赤い部分は個人によって違っており、全体が赤い人、鼻が赤い人、頬が赤い人、Tゾーンが赤い人など多岐に亘ります。

多くの人がお酒を飲んだ時には顔が赤くなってしまうのではないでしょうか。

その他にも、恥ずかしい時や怒った時、興奮している時や息を止めている時など、顔が赤くなるケースは様々です。

上記のようなケースで顔が赤くなるのは普通ですが、その赤い状態が平常時でも起こっているのが赤ら顔です。

また赤あざと言って、赤ら顔と症状がとても似ているけれども違う症状もあります。

赤あざは血管腫と呼ばれており、分類としては血管の病気になります。

したがって治療が必要になる場合もあります。

この赤あざとは違い、赤ら顔は病気ではなく症状です。

赤くなる部分が違うように赤ら顔の原因は人それぞれで違うことがある為、赤ら顔の原因は色々と広く考える必要があります。